アラフォー独女 ひとりde台湾!

心配性のアラフォー独女の台湾ひとり旅を公開!

真夜中の羽田空港!ベンチ編

羽田空港国際線ターミナル内の真夜中を撮ってみました。
10月28日(土)深夜2時以降です。

寝る(休む)場所の確保は必須です。
出発ロビーのDカウンター前は、人でいっぱい。
真夜中でも照明で明るいです。
黄色のテープは「お掃除していますよ」という場所。


最近は、空港のベンチで休む人がおおいとのことで、空席を確保するのは難しいと言われています。
たまたまなのでしょうか。
ほぼ1列、ガボッと空いています。
こういう場所を見つけたら、速攻確保なのでしょう。


本当に場所がないときは、こういうところでも寝ることもあるそうです。
真夜中でもジャパニーズトラディショナルを感じられるところがあるのね。


ここは、到着ロビーの様子。
優先席が、空いています。
イメージでは、外国人(アジア系)が多いのかと思っていましたが、サラリーマン系も多かった。


ワタシも、このなかに混じってアイマスクとマスクを着けて休みました。
途中、横一列が空いたので、横になってみました。
背が155cmしかないので、不自由せず、意外とアリです。
外国人が、体はベンチ、足はコロコロのケースに預けて寝ていたので、マネをしました。
さらに、アリです。
もちろん熟睡はできません。
光を遮断して、音だけを感じていました。


そーっと掃除をする人、
キャビンアテンダントらしき女性のヒールの足音、
外国人らの会話、
誰かがプシュッとビールらしき音を立てて飲んでいる。


どれも心地よかった。
たぶん、旅立ちの前、少し興奮していて、ワクワクしていたのでしょう。
ストレスにはなりませんでした。