アラフォー独女 ひとりde台湾!

心配性のアラフォー独女の台湾ひとり旅を公開!

ひとり旅でも食べたい!鼎泰豐(ディンタイフォン)

ひとり旅の最大な問題は、食事です。
特に夜。。。


朝と昼の「ひとりごはん」は、慣れているんです。
朝は、ひとりで食事している人、結構多いですよね。
昼は、お仲間同志のパターンが多いものの、ひとりも結構いるので、気後れしません。
ピークの時間をずらせば、お店も嫌な顔しないし、ゆったりと楽しむこともできる。


だけど、夜のひとりというのは、なかなかハードル高し。
ひとりでも食事できるような場所は限られているので、メニューも限られる。
なんだかそんなのつまんない( ̄▽ ̄;) せっかくだから楽しみたい。
でも、有名店にひとりで入るのは、なかなか勇気がいります。
お店にも、ほかのお客さんにも迷惑かけてしまいそうだし。
だからといって、ちゃっちゃとすますのは、私にとっては拷問。
だって、疲れているんだもん。


先日のGW、中山駅の三越の地下でお土産を物色していました。
そういえば、ここ、鼎泰豐が入っているなーと思い出しました。
フラフラッと行ってみると相変わらずの人でごった返しています。
そこで、目に留まったのが・・・

「外帯」の文字!!
そっか、お持ち帰りができるんじゃん!!!
三越の入り口には、タクシーが待機していたので、買ってすぐに乗り込んで、ホテルに戻れば、温かいのが食べられる!!!!!と閃きました(≧∇≦)


早速注文です
ガラスのカウンターのところ、わかります?
注文用の伝票が並んでます。
これに書いてオーダーすればいいわけですワ。
しかも、レジには、日本語ができる子がいてくれて、助かりました♪
オーダーしてから、出来上がるまで、10分もかからなかったと思います。
その間、同じフロア内の成城石井っぽいお店でBeerを買って、キャラの写真を撮っていったら、あっという間に出来上がりましたよ~


急いでタクシーに乗り込みホテルの部屋に戻って、いただくことができました

(お持ち帰り用の紙袋)


小籠包には、ちゃんと「しょうが」と「酢醤油」がついていました。


小籠包は、基本は10個で1セットだったのですが、5個というパターンもあったので、それを2種類頼みました。(たしか普通の小籠包と豚肉の小籠包)
スープやチャーハンもあったのですが、食べきれなかったらいやだなーと思って、やめました。
野菜モノは、品切れしているものがあり、とりあえず文字がわかるもので豆もやしのナムルみたいのを頼みました。
その結果・・・判断を誤りました( ̄▽ ̄;)
もっと頼めばよかった。全然足りん(´;ω;`)
でも、温かいままで食べることができたのは満足♪
本当はせいろのほうが断然美味しいけど、持ち帰りでこのクオリティは高いと思います。


そうそう、ちゃんとレンゲもついていましたよ。

(袋から出してとればよかった・・・おなかがすいていたので、ここも判断を誤りました)


次は絶対、判断を謝らないぞ